ランニングマシンと、ロードは物理的に全く同じ

ランニングマシンって、効果あるんすか?

道路を走るのと全く同じだよ

えー、走った感じ、全然違うし、コーチも違うって言ってるけど

今こそ、学校の勉強を生かす時だぜー

路面が動くか、自分が動くか

 

最初に結論を😊

ランニングマシンとロード(道路)でのランニングは全く同じです。

ランニングマシンの走路はゴムだし
違うじゃねーか!とか思ってる人は
その分、練習の効率が悪くなっているから
冷静にじっくり考えてくださいね。

慣性の法則って聞いたことあると思います。
こういうやつは、受験だけに使ってたらもったいない。

ランニングマシンと、道路を走っているのとは
慣性の法則によって物理的に同じこと

もちろん風の抵抗、路面の材質、勾配、とかの違いはあるけど
同じってことを出発点に考えれば
すごく効果が高い練習を思いつくことができます。

ロードを走っている時
足を道路に着く瞬間をクローズアップして考えてみよう
足と路面しか見ない。

足がだんだん道路に近づいて
道路に触れました・・・。

このときどうなる?

足を真上から真下に向かってついたら
動いている道路に足を持っていかれちゃう

・・・じゃ、ランニングマシンを走っている人の足元に注目。

足がだんだんマシンに近づいて
マシンのベルトに触れました。

このときどうなる?

足を真上から真下に向かってついたら
動いているマシンの走路に足を持っていかれちゃう

・・・??

道路と、ランニングマシン。同じじゃね?

そう、物理的に本当に同じなんです。

物理って、いつ、だれが、どのようにやっても同じことだけど
感覚って、人によって違う。

感覚はよほど動きのイメージが共有している人同士じゃないと伝わらないけど
物理だったら、いつ、だれが、どのようにやっても同じでしょ。

スポーツだって、正しい物理で伝えることに優先順位を与えた方がいいんです。

大切なことは何度でも言う。

ランニングマシンと、ロードは同じだぜ!

 

注目記事