注目記事
MFフィギュアスケートアカデミーの陸トレ

三井アイスパーク船橋(誤変換で「愛スパーク」と出た笑)に
新発想のMFフィギュアスケートアカデミーが誕生します。
※2021年4月1日スタート

5歳の子供が入会すると20年間携わり続ける
「長い人間関係」が特徴のフィギュアスケート指導に
子供の将来」というキーワードを持ち込んだことが
新発想たる所以です。

フィギュアスケートの一流選手を排出するのを目標に
切磋琢磨するスケートコーチが目指すのは子供の成績です。

子供の将来と、子供の成績、とは、何が違うのか。

MFフィギュアスケートアカデミーの中庭ヘッドコーチは
「勝利を目指すことで子供の将来を作りたい」と言っています。

フィギュアスケート指導はグループ指導が多くの時間を占めます。
そのうえ、氷に乗っていられる時間は限られている。

この限定された指導環境で
コーチに教わらなければ上手くならないとしたら
その子の上達は非常に遅いものになるでしょう。

だから「子供自身が工夫して上達するための種を植える」のが
指導の根幹でなければならないと、中庭ヘッド。

そこで重視しているのが陸トレです。

片足立ちのバランスが悪い選手が氷に乗れば
片足スケーティングのバランスが悪い選手です。

片足立ちは陸で鍛えられます。

器用に踊れない選手が氷に乗れば
器用に踊れないスケーターです。

器用に踊るのは陸で鍛えられます。

ふわりと高く跳ぶことができない選手は
表情でも重くて硬いジャンプをします。

ふわりと高く跳ぶジャンプは陸で身につけられます。

細い軸の意味を理解できない子供は
跳んでも細い軸に入れないスケートキッズです。

  • バランスが良く
  • 表現力があり
  • ふわりと高いジャンプができ
  • 細い軸に入る

これらの能力を陸で備えた選手が氷に乗れば
表情だけでしかできない練習に集中できますが、

そうでない選手は
バランスも、表現も、体のバネも、細い軸も
全部オンアイスで指導しなければならない無駄な直を過ごします。

だから

MFフィギュアスケートアカデミーでは

  • 軸・ジャンプ・身のこなし、などの基礎運動能力
  • 複雑で器用な動きができる身体能力
  • 評価される動きの基礎知識
  • 音楽の世界観を引き出す表現力

などを陸トレで身につけるのです。

それが氷上でどんな効果を生むかをイメージしながら
上手にできるように
もっといい動きになるように
自分で考えて工夫しながら
理想のフィギュアスケートに近づけます。

コーチ同士、陸トレと氷上の情報交換が密に行われ
陸ですべきことと氷ですべきことをはっきりと切り分けて
無駄な時間を作りません。

「陸トレだからできること」がいっぱいあるんです。

それと、陸トレで解決できちゃうことは全て
お家でも練習できちゃう

氷じゃなくてもできる練習を工夫することは、
氷だからこそできる練習を大切にすること。

MFフィギュアスケートアカデミーの陸トレは
勝利に向かうことを題材に  
「自分で考える」という子供の将来像を育みます。