注目記事
NHKのスゴイ番組、ヒューマニエンス!“指” ヒトとサルの分岐点

「知(智)」の温かさを感じることができる番組

人は多分、何歳になっても自分を見守ってくれる人がいるかどうかで
人生の充実度に飛躍的な差が出ます。

ボクを地球に派遣した神様は温かい心を持っているらしく
ボクのメンターの福田健蔵さんと出会わせてくれました。

その福田健蔵さんのセカンドハウスに行くといつも
ボクが興味を持ちそうでためになる番組の録画を見せてくれます。

ボクは治療師でスポーツコーチなんですが
その情報源となる人の健康と動作についての番組が多く
真実を見抜く目を養うのに貴重な内容に感謝しています。

そうやって見せてもらった番組の中でも紹介したくなってしまったのが
NHK BSプレミアムの「ヒューマニエンス 40億年のたくらみ」です。

メインパーソナリティの織田裕二さんと一流のゲスト陣が
「人間らしさの根源」について科学データと仮説によって
紐解いていく内容です。

一流の科学者のお話から類推してコメントする
織田裕二さんの展開力や発想力にも驚かされますが
科学者が根を詰めて「人間とは何か」を研究した結果を
要点を絞って伝えてもらえることに驚きと感謝を感じる番組です。
今では、自宅でも毎週録画してチェックしています。

最新のものに追いついていませんが
今日見たのは「人間の手」についてです。

 

全ての動物の中でも稀有な親指の存在と機能が
人間を人間たらしめたお話だったり
10の29乗の組み合わせの中から瞬時に手を自由に動かすための
筋シナジーであったり
触覚の機能と不思議であったり・・・

ピアニストの清塚信也さんが
指の骨格や構造について深く考えて練習しているコメントを聞いて
「できるスポーツ選手」もどんどん深く情報と知識を集めて
自分のプレーに生かしているなー、と感じたりもしました。

人間を人間たらしめることを探究している人たちは
なぜかみんな穏やかで温かいのです。

スポーツは人間だけがする楽しみでありチャレンジですから、
スポーツを穏やかさで追求していく時代が近づいている気がします。

全ての種目を効果的にウォーミングアップする
バネトレ®ウォーミングアップは「指」を重視しています。

脳の大きな範囲を必要とする指を動かすことで
脳内の血流と連携を促してウォーミングアップを開始するのです。

「指を使うからこそ人間として進化を遂げてきた」という情報から
思考の発育にとって重要な「指」をもっと活用することで
スポーツを通した能力(脳力)アップを視野に指導していくことが
スポーツ指導者としてあるべき姿だと改めて思っています。

「ヒューマニエンス 40億年のたくらみ」

毎回、素晴らしい内容が続きます。
全ての過去動画を見る方法を見つけられず申し訳ありませんが
ぜひご覧いただけたらと思います。