注目記事
スポーツの魔法使い(第二話/伝染するまえに)

伝染するまえに(第二話)

スポーツの魔法には様々な種類がある。

  • 全力で立ち向かう選手の姿に感動を呼ぶ魔法
  • 選手の生き様を自分にダブらせて擬似体験する魔法

などがあるけれど、僕たちは

  • たった一言のアドバイスで突然成功してしまう魔法

を取り扱っている。

そのためには

僕たちの話が信頼に値することが絶対条件であることが必要で、
信頼を得るためには、その種目の理解、経験のほかに

  • 信頼に足る人間性のこと
  • 信頼に値する科学に基づいていること

が最低でも必要になる。

僕に届いたメールにはそれが行間に書かれている

「私は走高跳びをしています。
コーチからもっと高く跳べと言われます。
もっと高く跳びたいのは私も同じです」

もっと高く跳べ

もっと高く跳べ!

は指導ではない。ジャンプが低いという感想を愚痴っただけだ。

高いジャンプを期待していたけれど低かった時
思考を介さずとも

「低っ!」

と言葉が漏れ、

「もっと高く跳べよー」と愚痴る。

指導者から発する言葉が愚痴だけだったら悲しすぎる。

選手の士気をさげるのに最高の呪文は

愚痴る、ののしる、どなる、嫌味で、

その呪文を聞いたが最後、100%その影響を受けて士気がさがる。

はやくメールの主が連絡をくれないか。
そのままいると、君も士気を下げる呪文の餌食になって
もう逃れられなくなってしまう。

そして君の口からダークな言葉が溢れ出るだろう。

噛みつかれたらゾンビになる形式で、
ののしられたら、スポーツゾンビになって
次から次へと伝染してしまう。

はやく、連絡をくれ!

まだ間に合うはずだ。

躊躇していてはいけない。

ゾンビになる前に、今すぐ連絡をくれ。