経験則も、根性論も、価値は高い!・・・でも絶対ではない。

その競技の経験がナイのに、プロを指導しているコーチだけが知っている。その秘密を詰め込んだのが「スポーツ応用力学」です。

はじめまして。スポーツ応用力学の池上信三(いけがみしんぞうです。

ボクは

  • 「ゴルフの経験がないのに」プロを教えています
  • 「足が速いわけではないのに」有名大学駅伝部・実業団駅伝選手に指導しています
  • フィギュアスケート未経験で、フィギュアスケートのコーチに教え方を教えてます

ボクの運動神経が特別良いわけでもありません。

ただボクは、上手な人がやっていることを言葉にして伝えることができるだけなんです。

 

スポーツの上手な人がやっていること

走る、跳ぶ、投げる、回る

どんな動きも、この地球上の物理法則や人体の制約から逃れることはできません。
そしてスポーツは「複数の動き」を「同時に」「たったひとつの体の中で」行う、複雑なものです。

うまい人はこういう法則や科学を意識せずに「なんとなく」できてしまいます。ところが「なんとなく」だから言葉にすることができず、自分の体感していることを伝えることが苦手だったりします。

でも、その上手い人が体感していることを、どうやったら自分もできるようになるかをわかりやすい言葉と具体的な練習方法で教えてもらったら、あなたの記録が伸びると思いませんか?

その方法こそがボクが普段やっていることであり、スポーツ応用力学でお伝えしていることなんです。

つまり

  • 誰がやっても絶対上達する「絶対レッスンのコツ」
  • スポーツ選手に必須の「ベクトル感覚」
  • 関節の動きの「なるほどポイント」

をステップ学習で身につければ

その競技の経験がなくても指導ができるし
いつでも同じように結果が出る方法を教えられるし
科学に裏付けられた自信のある指導ができます

また、スランプの原因を説明することができるし
やりたいことができない理由を説明することができるし
怪我の原因を説明して、対策をたてることだってできるんです

これはどのスポーツでも同じだから、スポーツ応用力学を知ってさえいれば、その競技の経験がなくても誰でもスポーツを上達させる指導ができるんです

・・・にも関わらず、

多くの人が「スポーツとはその競技の経験者に習うもの」と思い込んでいますよね。
でも考えてみてください。

数年前の記録ですらどんどん過去のものになっていくスポーツの世界で新しい記録を出すには、コーチ自身が経験したことのない世界へ選手を誘う必要があるんです。そういう意味では、競技経験のあるコーチだって「そのレベルは未経験」ですよね。

それよりも、誰がやっても同じように結果が出て、経験したことのないレベルの動きもきちんと説明できる「科学的な指導法」を学んでみたいと思いませんか?

スポーツ応用力学ができるまで

以前、トレーナーになりたってだったボクは、物理学だのバイオメカニクスだの脳科学だの、小難しい理論をスポーツで使うつもりなんてなかったんです。

ただ自分が、「見て覚えろ!」「動きを盗め!」と言われ、必要に駆られてやってきた「見よう見まね」をきちんと説明できるようになりたいと掘り下げていった結果が「スポーツに必要な科学の知識」だったんです。(あ、ちなみに、ボクはエンジニアからトレーナーになった経歴があって、ヨットとスキーができます)

だんだんとそうしているうちに、スポーツに必要な動きのひとつひとつを力学で説明できるようになってきたら、あら不思議!どんなスポーツも指導できるようになっていたんです。

そして分かったことは、スポーツを応用力学するのは、最高にリラックスした、めちゃめちゃ楽しい学びだということ

大学のバイオメカニクスの授業で数式を学んでテストに答えられたとしても、それを自分の競技に必要な動きにどう結びつけるのかは教えてくれないし、実際にスポーツをやるときに必要なちょっとしたコツを総合的に学べる場所ってないんです(残念)

そこで、自分の学びと指導経験をまるっと詰め込んで、スポーツに必要な科学をまとめた講座を作っちゃいました。

それがスポーツ応用力学です。

スポーツ応用力学(無料版)はあなたのための、メルマガ講座です

無料メルマガ講座は、スポーツに必要な力学の基礎知識と、それをスポーツに活かすために絶対必要な「ベクトル感覚」を知ることができます。スポーツのモヤモヤを解消して、どんな種目でも、初級者でもプロでも、指導者でも、みんなの「上手くなりたい・上達させたい」に応えます。わかりやすい言葉で10歳でも理解できますが、その深さはハイレベル。スポーツ応用力学のベーシックを感覚で掴むのに適しているメルマガ講座です。無料の文章が届くだけとあなどってはいけません。本当に必要な学びの基礎を全てお伝えする価値の高い講座です。

  • 部活でその種目を始めたばかりの学生さん
  • もっと活躍したいジュニア選手
  • 強豪チームでレギュラーをゲットしたい人
  • プロのアスリート
  • その競技の経験がないのに部活顧問になってしまった先生
  • コーチの教え方が古臭いな・・・と感じている学生選手
  • 自分の記録よりも良い成績の選手を指導しているコーチ
  • そして、頑張っている我が子を応援したい保護者の方

など、

●スポーツが上手くなりたい!
●スポーツの指導に自信を持ちたい!

そう思っている、すべての人を対象にしています。

メルマガ講座の内容

スポーツ応用力学は、スポーツの上手い人がやっている動きを誰もができるようになるように、言葉(説明)とイメージで学ぶための講座です。

 

スポーツ応用力学メルマガ講座 カリキュラム
- 1時限/スポーツには絶対がある(スポーツ応用力学のまとめ。ズレを感じる物理、直観的な力学)
- 2時限/ベクトル感覚(スポーツ応用力学の軸/大きさと方向の組み合わせ)
- 3時限/走りの力学(慣性をちゃんと知る)
- 4時限/投げ飛ばす力学(対人、対物、支点と作用点のベクトル感覚)
- 5時限/ボールの力学(重いボール、球速、魔球)
- 6時限/武術・忍術の力学(力学とマジックを分離する)
- 7時限/最強のスクラムと100m走の力学(かたちが生む強さ・効率)
- 8時限/誰よりも遠くへ飛ばす力学(速度・重さ・エネルギー)
- 9時限/タメの力学(スポーツのバネを知り尽くす)
- 10時限/投球を力学する(応用)
- 11時限/柔道を力学する(応用)
- 12時限/サッカーを力学する(応用)
- 13時限/トレーニングを応用力学する(最高効率の動きを身につける)
- 14時限/思考、感情、感覚、動きの応用力学(動きとメンタルの関係)
- 15時限/脳と思考の応用力学(ベクトル思考で動きを変化させる)
- 16時限/【実践編】ジャンプの力学①(2段ロケットでふわりと高く跳ぶ/実践解説動画)
- 17時限/【実践編】ジャンプの力学②(あらかじめ重さを浮かせて体重を減らす/実践解説動画)
- 以降、絶対タメになるノンストップ配信

 

【無料版】スポーツ応用力学 メルマガ講座

    毎週、月、木曜日の午前7:00に届く
    だれでもスポーツ上級者になる法則「スポーツ応用力学」メルマガ講座です。体験しないことには良いも悪いも判断できません。まずはメルマガ登録して内容を確認してみてください。

    お名前(姓)と、メールアドレスだけの、かんたん登録です。
    ご登録フォームの専用ページが表示されます。「確認する」のあとに「申し込む」を押すと登録となりますの。いきなり登録されることはありませんので、安心して登録フォームにお進みください。

    ご登録されると ikegami@lu-sports.jp からメールが届きます。
    メールが迷惑フォルダに入ったり、届かないということを防ぐために、こちらのメールアドレスをアドレス帳に登録してください。
    *プライバシーポリシー

    【有料版】スポーツ応用力学 動画講座

    有料の動画講座は、無料メルマガ講座に、動画の解説を加えた「文字と動画のハイブリッド講座」です。(14日間の無料お試し期間でお気軽にお試しください)

     

    次のポイントに少しでも引っ掛かる人はご受講をオススメします!

    有料講座が最適の方
    • 早くスポーツ指導のポイントを知りたい人
    • 伸びの壁を感じているアスリート
    • スポーツの「絶対」を身につけたい人

    毎週月曜日、木曜日の07:00に、動画のリンクが貼られたメールマガジンが届きます。

    すぐに種目に活かせるように構成されていますが、内容は大学レベルです。月額1,100円(税込)で学べます。スカッと分かってすぐに使えるTIPS(ティップス:ちょっとしたこつやテクニック)と、理解が深まるほどにじわじわと効果が上ってやがて大きな改善につながる「スポーツ応用力学のタネ」などを、毎週2回お送りします。

    文章の説明にプラスして10〜20分間の動画は、その金額以上の価値を誰もが感じてくれるはずです。

    下の動画は、スポーツ応用力学のカリキュラムを解説している動画です。各単元で何が身につくのかをご紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

     

     

     

     

    *お支払いはクレジットカード決済のみとなります。
    利用可能クレジットカード…VISA / Master/ JCB / AMEX / Diners

    *登録後、 ikegami@lu-sports.jp からメールが届きます。
    メールが迷惑フォルダに入ったり、届かないということを防ぐために、こちらのメールアドレスをアドレス帳に登録してください。

    ご登録フォームの専用ページが表示されます。「確認する」のあとに「申し込む」を押すと登録となりますの。いきなり登録されることはありませんので、安心して登録フォームにお進みください。

    今、日本のスポーツに圧倒的に足りないもの

     

    • じぶんは運動音痴なのに、体育の授業を受け持たなければならない小学校の先生
    • 若いという理由だけで未経験のスポーツの部活顧問をしている中学校の先生
    • 反射的に圧でコントロールしてしまう高校部活コーチ
    • 独自の指導をゴリ押しするクラブチームコーチ

    スポーツ指導に携わる25年以上の経験の中で、あらゆるタイプの指導者を間近に見て、その素晴らしい人間性に感動することもあれば、目を覆いながら何もできない微力な自分を悔やんだこともありました。

    そしてボク自身も、根性だせ!コーチが絶対!ヘボい練習と気づいていても圧にしたがって頑張る、という、昭和のスポ根漫画さながらの環境でスポーツをしてきました。恥ずかしながらそんな環境に疑問を持つこともありませんでした

    けれども今、大人になり、指導する立場になって思うことは

    • スポーツをハラスメントの道具にしたくない!
    • 押し付けるのではなく伝える指導がしたい!
    • 生徒たちが競技を離れた後にこそ大切な生きる力や工夫する習慣をスポーツ指導を通して付けてあげたい

    ということです。

    今の日本のスポーツ界に圧倒的に足りないものは「科学的な指導」です。「科学的指導」とは理論の押し付けを意味しているのではありません。

    論理的に正しい習得手順を、科学的に説明できる指導により、曖昧さと複雑さをできる限り排除して、だれでも確実に上達できるスポーツ指導のことです。

    科学的に説明できる指導じゃないから、自分の経験を押し付けることがまかり通るし、感情的になったり、意味不明のサイクルに陥るなどの悪循環を産むのです

    言葉できちんと説明できる指導をすることで、指導者と生徒の間に信頼と思いやりが生まれ、生徒が自分で考えて、トライ&エラーを通して納得し、そして上達する・・・そしてそこには、穏やかな人間関係がある。

    そんな温かく気持ちの良いスポーツ指導で日本を埋め尽くしたい!そういう思いから「スポーツ応用力学」は誕生しました。

    あなたが仲間になってくれることを願っています。

    池上信三プロフィール

    1966年11月10日。長野県松本市生まれ
    鳥羽商船高等専門学校機関科卒業(海技士)
    姿勢保健均整専門学校卒業(姿勢保健均整師)
    東京医療福祉専門学校卒業(はり灸あん摩マッサージ指圧師)
    ヨットとスキーの経験あり

    鍼灸師・あんまマッサージ師としてスタジオを経営しつつ、ジュニアからプロまで、フィギュアスケートからゴルフまでと幅広いスポーツの指導をしている。こだわりの性格が生み出した、科学に基づく絶対的で緻密な指導に定評がある。

    |雑誌
    週刊ゴルフダイジェスト
    月刊ゴルフダイジェスト
    Tarzan
    秘伝 その他

    |DVD
    バネトレ/野球(リアルスタイル)
    常識はずれの+50Y宣言(ゴルフダイジェスト社)

    |指導
    順天堂大学駅伝部
    高桑整形外科永山クリニック
    MFフィギュアスケートアカデミー
    現役選手の動作個別分析指導

    |講演・セミナー
    バネトレ®トレーナーセミナー
    LGCMスポーツコーチング

    →詳しいプロフィールはこちらから

    →活動情報一覧はこちらから

    カテゴリー