ベクトルスイング。オンラインで速攻上達!

あなたは考える必要ナシ。たった3ステップを真似してするだけ

ベクトルスイングは理屈は学者レベルの難しさだけれど、やってみると、誰でも簡単、イージー、スムースに、狙える飛ばせる、誰でもゴルフが楽しくなっちゃうスイングです。

力を入れているのに飛ばない。方向性が安定しない。痛みがある。・・・全部、物理法則に逆らって無理やりスイングしているのが原因です。

ベクトルスイングを理解する必要は一切ありません。たった3ステップをやるだけ簡単、ナチュラルで思い通りにボールを飛ばせるベクトルスイングを始めましょう。誰でも見られる無償ビデオで始めてください。

ステップ1/お部屋でたった1日。誰でもできる基本動作を身につけます
ステップ2/ベクトルスイング最大の特徴を加えます
ステップ3/実際に打った時の修正方法をお伝えします

もっと知りたい方は次のステップも

プラス3ステップをご依頼ください

ステップ4/もっと正確なショットのコツ
ステップ5/もっと飛ばすコツ
ステップ6/全身で打つベクトルスイング

ベクトルスイングは、回転する物体が必ず影響を受けるプレセッションという物理現象を主軸に設計されたスイングメソッドです。プレセッションを有効活用することで、誰でも無理なく振り抜けるスイングが身につくように習得手順にもこだわっています。

プレセッションは、直行する3つの回転ベクトルのうち、1軸目の回転に2軸目の回転トルクが加わると、3軸目に回転を起こす物理法則で、正確に方位を示すジャイロコンパスなどに応用されている実用的な物理法則です。

自転車に乗っていてカーブを曲がる時、左に車体を傾けると自然にハンドルが左に曲がります。前に向かって回転する車輪(左右軸上の回転)に2軸目のトルクとして車体を傾ける回転(前後軸上の回転)を加えると、否応なく車輪が左方向に向きを変えます(上下軸の回転)。この作用からはどんな物体も逃れられません。

つまり、いろいろな方向の回転を組み合わせているゴルフスイングは必ずプレセッションの影響を受けるのです。

ゴルフクラブは背骨を中心とした回転を1軸目の回転とすると、2軸目にゴルフクラブのシャフトを回すような回転をさせれば、プレセッションにより3軸目の回転が起きることで、背中側にあったヘッドが前に振り出されてきます。

プレセッションを理解せずにスイングすると、ヘッドの行き先がバラバラになったり、逆にプレセッションによる負担により、手首、肘、腰などを故障する原因にもなります。

ベクトルスイングではここにあるような解説をせずに、正しいクラブの動かし方から学びます。そして自然の摂理にのっとった動きができた時のスムーズでパワフルなショットを体感して、思い通りのゴルフスイングを堪能していきます。

直接レッスンを受けたい方(オンラインレッスンが便利です)

オンライン個別レッスンをご依頼ください

ベクトルスイングトレーナーがひみつ道具を使って直接指導いたします
先着30名様は、ベクトルスイング設計者、池上信三のマンツーマンレッスンです)

※専用チャットを利用したオンラインレッスンです。いつでも質問動画をお送りください。解説音声入り動画を返信します。オンラインレッスンは通常のレッスンよりも優れたところがたくさんあります。あなたの動きを音声解説付き動画で送り返します。何度でも見返せます。何度でも聞けます。

ムービーレッスンは、直接指導よりも優れた部分が多い

タイトルとURLをコピーしました