注目記事
トランポリンを上手に跳ねようと思ったら
トランポリンの反発のスピードに上手に合わせて
勢いを増やす必要があります。
足のリスフラン関節のバネが小さなトランポリンだとしたら
そのバネの反発スピードに合わせて
勢いを増やす必要があります。
そのとき使いやすいのが「腕」。
大きくて動かしやすい腕の反動で上手く
リスフラン関節のバネの働きを助けてあげましょう。
腕の振り方ひとつで、バネが生きたり死んだりしますから慎重に。
ポイントは
緑の矢印のように、浮く力を増すために腕を振ること
赤い矢印みたいに前後だけに振ったり
下向きにぐいぐいと押し込んだり
肩を回す動きだけになってしまうのも
もったいない。